龍青三・運命理学研究所

フォーチュンサイエンス

鑑定実例

占いは「おまじない」でも「統計学」でもありません【四柱推命鑑定実例】

更新日:

占いを一種のおまじないや統計学だと捉えている方は多いようです。

ほんとうの占いは天意を知るものであり、願望をかなえるためのものではありません。
願望を叶えるメソッドは占いとは違うものです。

もし、占いというものが統計学であるなれば、その手相(手のシワ、スジ)の統計データがあるはずですから、現代のITテクノロジーをもってすれば、占い師にみてもらわなくてもたちどころに結果がでるはずです。
しかし、そのようなものはこれまで公開されたことがありません。

たとえば、手相。
手のシワとシワを合わせてしわ寄せ〜
手のシワはころころと変ります。よく観察すると毎日ビミョーに変化しているのがわかります。
不安定で不確定要素を含む手のかたち、色、シワ、スジなどをもとに判断することじたいが、統計学的ではないことは自明なことです。

もっとも、手相は統計学ではないものの、占いを知らないひとでも、手の形、色、つや、シワの多少、濃淡などをみればあるていどのことはわかると思います。

たとえば、日焼けしてごつごつして血色がよくシワがシンプルでくっきりしている手の人は、元気でストレスをためることなく活気があり生命力も強いように見えます。

逆に青白く血色が悪く、シワがあるのかないのかわからないくらい弱弱しくしかもたくさんある手の人は、生命力が弱くストレスをためやすく決して幸福そうには見えないものです。

前者がひきこもりだと判断する人はいないでしょうし、後者を200人の職人を統率する大工の親方だと判断する人もいないでしょう。

このように相をみるということは、占い師でなくても日常【見た目】で判断している行為と同じメカニズムなのです。

マスカケが天下盗りの手相だなどといわれているようですが、おサルさんの手相もマスカケが多いし、運命線がバシッとくっきり出ているし、生物学的にいえば、マスカケ線や運命線がくっきりパシッと出ているひとはおサルさんに近いということになるのでしょうか。

手のシワがこうなっているからこういう運命をたどる、なんてことはアリエナイことです。

とまあ、以上説明したことは巷のエンターテインメント的な占いに関していえることで、実はほんとうの(本物の)手相観(み)は確かにいるのです。

しかしながら、それを本に著したりできるような理論体系でないため一般の手相判断理論は、あくまでも迷信とかエンターテインメント的なものにならざるをえないのであります。

以上。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-鑑定実例

Copyright© フォーチュンサイエンス , 2019 All Rights Reserved.