龍青三・運命理学研究所

フォーチュンサイエンス

鑑定実例

愛のない姓名判断、愛のある姓名判断【四柱推命鑑定実例】

更新日:

ご相談

私は昔から苦労が多く、何をしても報われない人生を送ってきました。
姓名判断の占い師先生から、それはあなたの名前が原因だと言われました。
総格が最凶数で、他にも、凶数があまりにも重なっている名前なので、悪いことが立て続けに起こるのだそうです……

いま結婚を考えている人がいます。
姓が変わったときの姓名判断をしてみたら、総画が最凶数と出てしまいました。
ショックで、自分の人生に絶望しています。

もう占いの結果なんかに振り回されず、にビクビクせずに生きて生きたい。
でも、自分の人生は姓名判断と何か関わりがあるのかも知れない……

このままではいけないとわかっています。
でも、姓名判断の結果が気になって頭から離れません。
何か助言をいただければ幸いです。

ご回答

不幸の原因は名前(というより字画数)ではないです。
※姓名判断の先生には大変失礼かと存じますが、先生のことを否定しているわけではございません。

貴女を充分に納得させるだけの根拠、理由を語ることはできるのですが、
そもそも
占いとは?
姓名判断とは?
……のような根源的なお話から入らないといけませんし、膨大な内容になってしまうので、結論だけ先に申し上げました。

ざっとポイントだけ言いますね。

姓名判断(名相)と、ひとくちにいいましても、多くの流派があり、画数のとりかたもまちまちです。
たとえば、ある流派では3画とするものを、他流派では4画にすることもありますし
吉数、凶数のとりかたも違ったりいたします。

そもそも、吉とか凶(良い・悪い)とかは、人間じしんの相対的な認識、判断でありまして、字数そのものに吉とか凶があるというのはおかしいのです。

もっとツッこんでいけば
画数とは、ひとふでごとの運筆の回数のことです。

たとえば 口(くち) は3画となります。
でも、ガッコで教わった書き順無視して、ひとふでで書けば1画となります。

正しい運筆のほうが早くかけるのですけど、
ひとふでで書けるのですから、1画としてもおかしくはないですよね?

このように、姓名判断の根拠となる画数のとりかたじたいがあやふやなのですから、占いと結びつけるのには、ちょっと無理があるんです。

つきつめていきますと、
一般的に知られている姓名判断というものの正体は、画数の判断であり、数字の判断ということになります。

数字に良い悪いなどないのに、画数という名の下に、吉だの凶だのレッテルを貼られた数字のことが、わたくしはふびんでなりませぬ。

さて、
~ 字数と人間の幸・不幸に関連性はない ~
と断定する根拠は、以上の論理的考察だけではありません。

実際に検証をした結果
自身の経験の結果
また、知人・友人他、検証をした結果から
断定できるものです。

ですから、
気にすることはありません。
大丈夫です。
まったく問題はありません。

「愛」 と 「画数」

どちらが、生身の人間に与える影響が大きいでしょうか?

親が子供の幸せを願ってつけた名前を
画数だけで判断されたら?悲しいと思いませんか?

ただし、姓名判断の根拠があいまいだからといって
子供に、よい(画数の)名前をつけたいと思う親の心情まで否定するものではありません。

生まれてくる子供が幸せになってほしいと願いながら、よい画数を選ぶことは愛です。

でも、
生身の人間をよく知りもせず、名前の画数だけを、ちょんちょんと見ただけで、良いだの悪いだの判断する人には、愛がないように、わたくしには思えるのです。

以上。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-鑑定実例

Copyright© フォーチュンサイエンス , 2019 All Rights Reserved.