龍青三・運命理学研究所

フォーチュンサイエンス

易学

【占いは、売らない】易聖・高島嘉右衛門について【高島易断・呑象】

更新日:

占いは売らない

高島 嘉右衛門(たかしま かえもん)

1832年12月24日(天保3年11月3日)生 1914年(大正3年)10月16日歿
横浜の実業家および易断家。
父は遠州屋嘉衛門(本姓は薬師寺)。母は「くに」。姉が2人。弟に高島徳右衛門。幼名は清三郎。後に嘉衛門、嘉右衛門に改名。
号は呑象(どんしょう)。
※呑象の号は、勝海舟から号を持ってはどうかと勧められて「どうしよう」→「どんしよう」という語呂合わせで付けられたという伝説がある。
以下嘉右衛門を使用する。吉田勘兵衛、苅部康則らとともに横浜三名士といわれる。

入獄

江戸三十間堀町(現・東京都中央区銀座)に第六子として生まれる。
兄は皆夭折したため嫡子となる。幼少のころは父の教えに従い、四書五経や六諭衍義(りくゆえんぎ)などを学ぶ。
何度か読めばすべて覚えてしまうほど記憶力はかなりよかったらしい。
14歳のころ父の営む材木商兼普請請負業や盛岡藩製鉄事業に従事するようになる。

父の死後、棄捐令による影響や次姉の養子の放蕩により莫大な借金があることがわかり、その返済に奔走することになる。
その頃父の名「嘉衛門」を襲名する。22歳の時に材木屋を始め、安政の大地震の時に江戸に大火が起こり、被害を受けた佐賀藩邸の普請や材木の売却により2万両の儲けを得ることになったが、盛岡藩藩邸普請の際に暴風雨に見舞われ材木の流出や盛岡藩の支払い拒否により、却って2万両の負債を抱えることになった。

そんな中、佐賀藩家老・田中善右衛門の斡旋により、1859年(安政6年)、横浜に伊万里焼の磁器や白蝋を一手に販売する肥前屋を開店。
その際外国人を相手に、国内と国外の交換比率の違いを利用して金貨を売り多めに銀貨を受け取って儲けていたが、当時この交換方法が禁法だったため目を付けられ、潜伏するも後に自首。
1860年(万延元年)、牢に入れられ、1865年(慶応元年)に釈免される。
この時「嘉右衛門」に改名する。

高島易断について

嘉右衛門は、実業家としても有名だが、易断による占いでも特に有名で、今でも「易聖」と呼ばれている。
安政の大地震の数日前、嘉右衛門の周りで奇異が起き、弟より理由なく釜が鳴ったのを聞いて、幼少時に学んだ易経に従って卦を立てたところ「火」に関する卦を得たため大火が起こることを予知して大量の材木を買収、数日後に大地震が発生。
その後は上記にある通りである。

入獄したとき、牢内の古畳の間から易経が出てきたため、易経を暗誦できるまで読みふけり、紙縒りを作って筮竹として占った。
この出来事がきっかけとなり、普段の生活の中でも卦を立てていた。1876年(明治9年)の隠棲後は易の研究をおこない、易占に関する講義や著述を行う。
易断の集大成ともいえる著作『高島易断』は漢訳され、袁世凱、李鴻章など清国知識人たちにも贈られた。
また彼は、易を一種の宗教ととらえていたから、人を使ってこれを英訳させたうえアメリカ・シカゴで開催された「世界宗教大会」に提出させた。

出獄後のほとんどの事業で卦を立て、それに従って成功してきたとされる。
また政府高官も征韓論など政治の重要な事は嘉右衛門に占ってもらう者が多かったという。
日清戦争、日露戦争の占いは国民新聞や報知新聞にも掲載された。
日本に亡命していた金玉均や朴泳孝も嘉右衛門の世話になっており、門人として易も習っていたようである。

西郷隆盛、大久保利通、伊藤博文の死期の卦までも立てたといわれている。
特に伊藤の時に立てた卦は艮が重なる艮為山で、重艮が安重根を指しているとして、暗殺者の人名も当てたとされている。

しかし伊藤の死を予見しながらも、伊藤の決意を翻すことができなかったことから、これ以後、他人を占うことはなかった。
また自らの死期を予知し、生前に既に死期を記した位牌も持っていたとされ、その予知通りに死去。
墓所は赤穂浪士の墓所でもある泉岳寺。
戒名は「大観院神易呑象居士」。

高島嘉右衛門の至言~『占いは、売らない』

高島嘉右衛門の占いの的中率は抜群であったため、「高島」「高島易断」を名乗りその名声を利用したものが続出し、現代でもそれを名乗る団体は色々出ているが、いずれも嘉右衛門とは関係ない。
長男長政も「高島易断」を名乗って高島家縁者や門下生を装うのは迷惑至極であると語っていた。

また「呑象」の号も嘉右衛門門人の小玉卯太郎に黙認しているだけであった。

占いそのものを商売とすることを戒めていたとされ、皇典講究所で講演した『神道実用論』の中にそれを表していると言われている一文がある。

「其名巳(すで)に『うらなひ』(不売)と云ふが故に、決して金銀等の礼謝を受けず、実に神易を以て神明に通信するを本分の職務とするときは、始めて神官の名称にも副(かな)ひ、人の信用浅からざるべし。」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-易学
-, , ,

Copyright© フォーチュンサイエンス , 2019 All Rights Reserved.