龍青三・運命理学研究所

フォーチュンサイエンス

鑑定実例

大殺界時期の結婚について【四柱推命鑑定実例】

更新日:

ご相談

現在、結婚を前提に付き合ってるカレシがいます。
最近、細木さんの六星占術の本をを読んでいるので、ちょっと気になることがありまして、相談させてもらいました。
六星占術で見ると、わたしは、金星人(-)で、今年来年と大殺界です。
カレシは、土星人(-)で、来年から三年間大殺界です。
今年、結婚を考えているのですが、大殺界の結婚って大丈夫なのか、不安で心配で、たまりません。
私は、再来年から良くなるんですけど、カレシのほうが、三年間悪い時期にはいってしまう感じなので、つばさ先生の四柱推命鑑定で、ぜひ見ていただけないでしょうか。

足立区綾瀬 矢沢節子(仮名)

ご回答

最初に。
六星占術と大殺界についての説明、解説から入らなければならないのですが、既にご説明させていただきましたので、なるたけ重複をさけまして、ざっと説明させていただきます。

詳しいこ内容は、こちらをご覧ください
↓↓↓
https://fortune-science.net/6seisenjyutu-daisakwai
https://fortune-science.net/kyousei-kuubou-daisakkwai

矢沢様は、天中殺(てんちゅうさつ)という、名前を聞いたことがありますか?
これは、算命学という四柱推命のいとこのような占術の用語なんですけれど、その「天中殺」にあたるのが、六星占術の「大殺界」になります。

四柱推命で、「天中殺」や「大殺界」にあたるものを「空亡(くうぼう)」といいます。
ですので、矢沢様が心配しておられる「大殺界」を「空亡」と置き換えてみてください。
四柱推命の「空亡」は、ざっくり説明すると、単に、運気の停滞期というような意味になります。

ちょっと、運が停滞してるな。
今朝、お通じなかったわ、みたいな?

慢性便秘では困りますけど、わたくしみたいに、
「山吹の~なぎなた、いっぽん~紙要らず~」
みたいな?
毎朝もりもりな人が、たまたま、お通じがなかった朝、みたいな感じなので、気軽に捉えてくださいね♪

それに、「解空(かいくう)」といまして、他の干支の働きによって「空亡」も解ける場合が多いのです。
また、実際の四柱推命鑑定の現場では、空亡というものをほとんど無視しています。
シカトです。

といいますか、意識すらしない、って感じでしょうか。
意識したり気にしたりすると、ますます相手の思うツボです。

かつて、わたくしは、2ちゃんねるなるものに、カキコしたことがございます。
そうしましたら、なんということでしょう。
いわゆるひとつのフェステバルというのでしょうか、祭りだ祭りだと囃し立てる者が続々と現れまして、
日本語とは思えない、意味不明な言葉でなぶられたことがありました。
あとで、2ちゃんねらーだという、わたくしの先輩から聞いたことですが、そういうのを
煽り厨房(あおりちゅうぼう)というらしいんですね。
これもまた意味不明な言葉ですけど、厨房は中学生のお子様(ぼうず)、ということで短縮して、中坊=厨房というらしいんですね。

そのような者にかまっていると、厨房らはますます図にのって騒ぐので、オイラのようなベテラン2ちゃんねらーは、厨房はスルー、無視するんだよ、と半笑いのドヤ顔で言われてしまいました。
ふーん。そうなんだー。
2ちゃんねるとか、2ちゃんねらーとか、ずいぶんエキセントリックな世界ですけれど、先輩のいうことは、もっともだと思いました。
へんてこな奴にはかまうな。
シカトする。

なるほどなるほど。
だから、厨房も空亡もシカトすれば憂いなし、ですね!

って、これをいいたいために、2ちゃんねるまで引っ張り出してきて、すびばせんでした。

たとえ話は適切だったかは、ともかく……
大殺界は、気にする必要はありませんよ。
シカトしちゃってください。
むしろ、気にすることで、自己催眠、自己暗示にかかってしまいますから、ご用心ご用心。

わたくしごとで、恐縮でございますが、細木数子さんや新宿の母、白金の叔母、川越のアネゴ、足立のアニキ、はたまた巣鴨のばあやなどという他の有名占い師に見てもらったりした方からの鑑定依頼がよくあります。
細木数子さんの場合はやはり「大殺界」を気にされて、もやもやさまーず状態になってしまったり、川越のアネゴなど、他の有名占い師の方々に見てもらっても、なんだかイマイチ納得できない、といいますか、満足しないのだそうです。

やはり、占い好きの方が、ご本でお勉強された六星占術で「大殺界」のことを気にされて、相談にみえる方は今までたくさんおりました。
気にして相談にこられるくらいですから、信じている段階ではないわけです。
盲信的な状態だったら、相談にもこないわけですからね。
相談されるということは、心のどこかで、大殺界の意味づけを否定したい気持ちがあるからなんですね。

信じるということは、不信するということでもあります。
信じないということは、信じることが背景にあります。

なので、神様を信じている人は神様を不信することもあります。
神様を信じなかった人が神様を信じることもあります。
でも、ほんとうに神様の実在を知っている人は信じるということはありません。

大殺界は単なる言葉なので、生身の人間に影響を及ぼすことはありません。
影響を及ぼすとしたら、大殺界という言葉を悪い現象と結びつけた人のイメージのパワーです。
自己催眠状態に入っているわけです。

なので、大殺界をただの言葉だとありのままに見る人は、それに影響されません。
スルーするとか、無視するとかシカトするとか、そのように、「意識して無視する」わけではなく、ただ、そこにある概念、文字、言葉とだけ認識しているだけすから。

長々と、理屈っぽい話で申し訳ございませんでした。
矢沢様が、「大殺界」の呪縛から解き放たれますようにと思いながら、前置きのお話をさせていただきました。

それでは、本題に入りたいと思います!

「現在結婚を前提に付き合っているカレシとの相性や結婚の時期などを中心に鑑定宜しくお願いします。」

はい。かしこまりました!
お任せください。

わたくしは、恋愛、結婚、男女の相性に関する鑑定には自信をもっています。

不妊でお悩みの奥様が相談にみえたときのことでございます。
「大丈夫です!今年中に授かります!」と言い切ったその3日後に、ご懐妊されたというエピソードを持っておる最強の占い師です。
(注:ここは笑うところです~相談にきた奥様が既に妊娠していただけのこと...だったりして....)

「今年、結婚を考えているのですが、大殺界の結婚って大丈夫なのか、不安で心配で、たまりません。」

この件に関しましては、先に説明したとおり「大殺界」は無視して結構です。(キッパリ

四柱推命学的観点からみますと、今年は矢沢様、来年はカレシ様が「空亡」にあたる年ですが、先ほど説明した「解空」が成立しますので全く問題はありません。
※解空とは空亡が解ける、キャンセルされるという意味です。

従いまして、空亡(大殺界)の影響は【全くありません】(キッパリ

「私は、再来年から良くなるんですけど、カレシ様のほうが、三年間悪い時期にはいってしまう感じなので、つばさ先生の四柱推命鑑定で、ぜひ見ていただけないでしょうか。」

お二人の運気について、ご説明します。

カレシの場合、今年から、やっと良い運気が到来しました。
おめでとうございます。
来年、再来年は、確かに多少波乱の運気をみますが、それはお金に関することか女性に関することです。

ですから、今のうちから経済(家計)について、よく話しあうとかすれば大丈夫でしょうし、結婚してからの男女問題は、夫婦円満であれば気にする必要は全くありません。

もし、カレシ様が、来年独身状態であれば、金銭問題か、男女問題で苦労する暗示があります。
いずれにいたしましても、カレシ様の来年、再来年はそこにフォーカスを絞って対策を練っていけば安心です。

一方、矢沢様は、昨年から運気上昇期にはいっていますし、結婚の時期としては申し分ありません。

カレシ様の運気も、かんがみましても、今年結婚という選択は大正解です!
おめでとうございます。

最後にお二人の相性について説明します。

とても相性がよく、おそらく運命的な出会いだと拝察します。
と、いいますのは、お二人は魂の結びつきがすごく深くて、お二人が夫婦になることによってお互いのバランスが取れるカップルなのです。

どちらかというと、カレシ様のほうが、矢沢様に甘えたいタイプで、たとえご結婚前はそんな素振りを微塵も見せなかったとしても、ご結婚され一緒になったらそれが顕著にでると思います。

運命学的には、矢沢様がカレシ様を生かす関係になります。
矢沢様と縁を持つことにより、カレシ様の運勢が、良いほうへ変わるということです。

運命学的な力関係はそのようになっています。

矢沢様は、四柱推命学からすると、家庭の奥様として、また一人の女性として理想の命式をもっていますので、カレシ様にとっては、本当に良い奥様を得ることになります。
カレシ様、おめでとうございます!

カレシ様がもし、わたくしの弟だったり、親族だとしたら、
きっとこういいます。

「世界中さがしても見つかんねえくらい、いい奥さんなんだから絶対幸せにしろよっ!泣かせたりしたら承知しねえぞ!」

お幸せに……

-鑑定実例
-,

Copyright© フォーチュンサイエンス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.