龍青三・運命理学研究所

フォーチュンサイエンス

スピリチュアル

『パワーか、フォースか』人間のレベルを測る科学/デヴィッド・R. ホーキンズ

更新日:

内容紹介

著者のデヴィッド・R・ホーキンズ博士は、悟りの意識レベルにある精神科医です。キネシオロジーテスト(筋肉反射テスト)を利用し、人間の意識レベルを[1~1000]で表しました。 [1~1000]のそれぞれの意識レベルについての詳しい内容や、意識と現実世界との関係が詳しく解説されています。 あの人の意識は1~1000の、どのレベルにあるのか。あなたはどうなのか!「プライド」は175でしかない。 「勇気」の200と「愛」の500が精神性のターニングポイントになるという。 [Amazon.co.jp]

意識のエネルギーレベル

■恥:20 「恥」は、死に最も近いものです。 なぜなら、恥があるからこそ意識的に自殺が選ばれるか、人生を維持していこうとする手段を選択しないからです。 ■罪悪感:30 私たちの社会で、人を操ったり罰したりするためによく使われるのが、「罪悪感」です。 それはさまざまな表現をもって現れます。自責の念、自己非難、マゾヒズム、それから犠牲心など、これらの徴候のすべてに罪悪感は行きわたっています。 ■無感動:50 このレベルは貧困、絶望、希望を失うといったことが特徴として挙げられます。世界や未来は灰色に見えるでしょう。哀れさを誘う気持ちが人生の中心となります。 ■深い悲しみ:75 このレベルは悲しさ、損失、依存に関係しています。人はだれでも一時期このレベルを経験しますが、このレベルに固定されてしまうと、人は絶えず続く後悔の中でうつ病のような生活を送ってしまいます。これは、過去に関する悲しみや死別、後悔のレベルです。 ■恐怖:100 100のレベルになると、エネルギーが出てきます。危険に対して恐怖を抱くことは、健全だということです。 敵に対する恐怖、老いたることや死に対する恐怖、拒否されることへの恐怖など、数多くの社会的恐怖が、ほとんどの人々の生活における基本的な動機づけとなっています。 ■欲望:125 さらにもっと多くのエネルギーが、このレベルで出てきます。 「欲望」は、目標を達成するか、その見返りのために努力をするようにと、私たちを動かします。 お金や名声、パワーを得ることに関わる欲望が、恐怖のレベルから抜け出した多くの人々の優先的な人生の動機となります。 ■怒り:150 「怒り」は、殺人や戦争に通じるのかもしれませんが、エネルギーレベルとしては「死」からはるかに遠いものです。 怒りは創造と破壊のどちらにも通じることができます。 ■プライド:175 自尊心が湧いてくると、意識の低いレベルで経験したすべての苦痛は和らぎます。 一般にプライドはプラスに評価されていて、社会的にも奨励されるのですが、意識レベルのチャートから見ると、200という臨界点のレベルより下に留まっているため、まだネガティブな状態だといえるでしょう。これはプライドが、優越感に浸れるに過ぎないものだからです。 ■勇気:200 200レベルにおいて初めて、「フォース」から「パワー」へと展開します。 「勇気」は新しいものを試みながら、人生の変化と挑戦に立ち向かう意欲を意味します。 能力が与えられるこのレベルでは、人は難問にも対処できるようになり、また人生のチャンスを上手く生かすことができます。 ■中立:250 250未満では、意識は物事を二つに分けて見る傾向があり、白黒で分けられない複雑で多因性の世界の問題に対しても、どちらかに固執する姿勢をとります。 しかしそのような姿勢を取れば、二極性が生じて反対や分裂を作ってしまいます。 人のエネルギーを消耗させる対立を超えると、「中立」の状態となります。 ここでは柔軟さがあり、批判的にならないので、現実的な評価ができるようになります。 「中立」であることは、結果に比較的こだわらないことを意味します。 自分の思いどおりにならないことに対する恐れや苛立ちは、もはや経験しなくなります。 ■意欲:310 「意欲」のレベルでは仕事はうまく進み、すべてのプロジェクトが成功するのは当たり前のことになります。 このレベルでは、だれにでも好意をもって接する人間になるので、社会的にも経済的にも成功は自動的についてきます。 ■受容:350 「受容」のレベルにある個人は、正しいか間違いかを決めることに関心はなく、その問題の解決策を見つけだすことに全力を尽くします。 「受容」のレベルでは、争いや抵抗によって二極化することはありません。 他の人たちも自分と同じように権利があるので、平等さを尊重します。 ■理性:400 これはノーベル賞受賞者や偉大な政治家、最高裁判長といったレベルです。 アインシュタインやフロイト、そしてほかにも歴史に残る偉大な思想家の多くがこのレベルで測定されます。 ■愛:500 500レベルは、無条件かつ不変で永久的な愛の発展によって特徴づけられます。 このレベルに達すると、物事の本質を識別する能力が優れてきます。 理性を使わずとも、問題の全体性を瞬時に認識する能力が生まれます。 ■喜び:540 540以上のレベルは、聖者や高度な精神の探究者、ヒーラーなどの領域です。 ■平和:600 このエネルギーフィールドは、「超越」「自己実現」「神意識」と呼ばれる状態に関係しています。 この状態に達すると主観と客観の区別はなくなり、そして知覚は、どんな特定のフォーカスもありません。 このレベルに達した人は、至福の状態が連続して起こるため、自らを世界から切り離し、通常の生活をやめてしまうこともしばしばです。 ■エンライトメント(悟り):700~1000 このレベルでは自他が分離せず、むしろ自己の意識と神の意識が一体化します。 心を超越した大いなる自己を無限に感じるのです。 これは二元性がまったく存在しないレベルであり、あるいは完全たるワンネスのレベルです。 意識が局部に集中することはなく、意識は至るところに平等に存在します。

宗教の真実レベル

キリスト教:498 ユダヤ教:499 ヒンズー教:850 小乗仏教:890 大乗仏教:960 禅:890 イスラム原理主義:125~130

デヴィッド・R.ホーキンズ博士

Hawkins,David R. 医学博士。米国精神医学会終身会員。 1952年より精神科医として活動、セラピスト及び講演家として広く知られている。 現在はアリゾナ州で治療と執筆を行なうかたわら、「高度なスピリチュアル研究所」の主任を務めている。 1996年、著書『パワーか、フォースか』に対してデンマークの皇室よりナイト爵の称号を与えられた。 韓国ではベストセラーとなり、韓国政府からも称号を受けている。

悟りに至る最後の扉 悟りの最終段階での注意事項と助言 デヴィッド・ホーキンズ博士のレクチャー2002

  地球人類の意識レベルを測定する エハン・デラヴィ氏

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-スピリチュアル

Copyright© フォーチュンサイエンス , 2019 All Rights Reserved.