龍青三・運命理学研究所

フォーチュンサイエンス

干支の研究

【干支の研究】戌(いぬ/ジュツ)

更新日:

(いぬ/ジュツ)

五行配当:土(陽)
時刻:午後八時及びその前後二時間
方位:西北西・黄経210度を中心とした195度から225度に至る30度間
季節:十月の寒露から霜降を経て立冬までの間
易象:山地剥


万物収穫して恤(じゅつ)する。物が成るという意味があり、また十分成るの意味もある。
戌は甲骨文字では斧鉞の形である。

会意。「一印+戈(ほこ)」。
刃物で作物を刈って一纏めに纏めて締めくくり、収穫するという意味。
のち卒ソツ(まとめる)と同系。十二支の名となったため、原義は忘れられた。
※戍ジュは別字。

易象では一陽の残る「山地剥」を配し、その一陽もやがて消える運命にあるとする。
陽気全く地に潜み、繁殖の営みを終えた木の葉は地に落ちて万物凋落、
生気の滅び去ったときとし「滅」の一部をとって戌とした。

推命的解釈

忍耐・理想現実・パッション・情熱・精進・忍耐強い・義理人情・怒気・理念の実現・反発反抗心・へそまがり・カワイクナイ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-干支の研究

Copyright© フォーチュンサイエンス , 2019 All Rights Reserved.