龍青三・運命理学研究所

フォーチュンサイエンス

鑑定実例

大切なのは、相性の良し悪しではなく……【四柱推命鑑定実例】

更新日:

陰陽強弱論からみた男女の相性について

男女相性の観かたもまた実にさまざまです。
いろんな占い方かた、いろんな観かたがありますね。
コンピュータ占い(ネットの無料占い)なんかでは、相性度◎◎%!なんて、数値で出てくるので、わかりやすいと思います。

ところで、占いで相性がよいと出たカップルが必ずしも仲が良いとは限らないんです。
逆に、相性が良くないと出ても、仲良いカップルがいます。

相性とは、相生(そうじょう・そうせい・あいおい)のことです。
相生きる、生かしあう、共に育つこと。

五行では、木⇒火⇒土⇒金⇒水
木は火を生じ、火は土を生じ……の関係を相性がよいと見ます。
※五行の『木火土金水』は象徴ですから、木や火を直接指し示すものではありません。
詳細はおいおい投稿していく予定です。

相性がよくないとは、相剋を意味します。
木は土を剋し、火は金を剋し……の関係です。

相性判断論をざっくりいってしまえば、五行のどのタイプかでお互いを観るわけです。
『木と火だから相性がいい』とか『木と土だから相性が悪い』とか。

お手軽な占い法は、年支の五行判断するものでしょう。
でも、12のうち土が4つも出現しますから、偏っていますよね。
※このあたり、占いは統計学だなどとうそぶくひとに、そっと教えてあげるといいですよ。

そもそも、相生を数値化することに無理があって
仮に近似値がでたとしても、実際の生の現場でので人間関係の良し悪しとは関係ないんです。

と、のっけから身も蓋もないことを言ってしまいましたけれど
相性とは、縁のあるなし、強弱、良し悪しを観るものだと思っています。

大恋愛をしたのに、あっさりと別れてしまう、縁のないカップルもいれば、別れたくても別れられない腐れ縁のようなカップルもいます。

なぜその様になってしまうのか?

それは、お互いの関わりあいのなかでのエネルギーの交換、
それぞれのもつ陰陽の強弱や、ギブorテイクの流通により、さまざまに変化するものなのです。

あるご夫婦を例にあげましょう。

陰陽強弱論の観点から、奥様の方が強く、夫婦としてバランスがとれないケースです。

シーソーの両端に御主人さまと奥様が乗っているとすると、
奥様の方に傾いているというイメージです(体重が重いという意味ではありません)

水平に(バランスを)保つためには、
ご主人様がもっと端にいくか、奥様が御主人さま寄りに近づくかどっちかなのですが、
御主人さまは端の端にいるためこれ以上後退することが出来ない状況です。

逆に、奥様に近づいていけばいくほどシーソーのバランスが奥様寄りに偏ります。
バランスをとるためには、夫に位置移動を求めるのではなく、奥様が移動するしかないです。

が。

現実は、夫が近づいていったり、奥様が夫が近づくのを待っていたりするもので……
以下省略。

相性を観るとは、良いとか悪いとかの判断ではなく、相生のバランスを観ることなのです。
お互いが扶けあう、補いあう、生かしあうことが大切なのです。

以上。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-鑑定実例
-

Copyright© フォーチュンサイエンス , 2019 All Rights Reserved.