龍青三・運命理学研究所

フォーチュンサイエンス

四柱推命

五術とは~中国占術の基礎知識

更新日:

東洋占術の本場中国では、術学または方術を

命(めい)
卜(ぼく)
相(そう)
医(い)
山(さん)
の五つに分類しています。

これを『五術』と呼んでいます。

ちなみに、『五術』というのは、老子を原点に発する道教からきているといわています。

1:命(めい)

生年月日から運命や宿命、性格・個性・才能・資質等を判断する占術分野。
四柱推命学、算命学、紫微斗数、九星気学、七政四余、鉄版神数、河洛理数、宿曜経、密教占星術、0学占術、六星占術、 などなど……

 

2:卜(ぼく)

事象をメインに占う分野で、筮竹やサイコロ、硬貨などの道具を使い、偶然性を利用し、事象の吉凶禍福を判断するもの。
周易、五行易、断易、梅花心易、六壬神課、太乙神数、奇門遁甲、など……

 

3:相(そう)

おもてに現れた、姿、形(相)を通じて、その見えない根源的な運命、運気、性情、吉凶等を判断する占術分野。
人相、手相、印相、家相、風水、墓相、姓名判断、筆相、など……

 

4:医(い)

人間の身体における悩み・疾病を解決する為の方術のこと。
漢方、鍼灸、中医学、方剤、整体術、あんま、手当療法、マッサージ、指圧、レイキ、霊治、など……

 

5:山(さん)

いわゆる仙人の世界。
瞑想、呼吸法、身体の鍛錬、操作法、経典や呪文等を通じて、肉体と精神の自己管理や、超能力の開発等の修養と修練の分野で、これを極めた人を仙人と呼び、その道を仙道という。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-四柱推命

Copyright© フォーチュンサイエンス , 2019 All Rights Reserved.